おとこのこのポケット

おとこのこのポケットにはなにがはいっているんだろう?ビー玉やら虫やらだろうか。
 この夏、りんごの木の保育者の青くんこと青山誠くんがエッセイ集をだした。その名も『おとこのこのポケット』
d0018208_11162222.jpg

(りんごの木出版)
 青くんとはじめて会ったのは5年くらい前かなあ?見た目の印象はずっとかわらず中学生。(表紙のイラストがそっくり。イラストはこれまた元りんごの木保育者のナガタヨシコさん)でも、実はちゃんと二児のパパでもある。
 なのに公園で子どもたちと遊んでいると、その中に大人が混じっているとはだれも気づかない。このまま80歳まで同じかもしれないと思うくらいに変わらない。なんか変な年をとらない薬でも飲んでんのか?と思う。でもその青くんの中身はとても大人で、でもとても子どもだ。正直ゆっくりしゃべったことがないので、青くんという人をこの本を読んで知ったような気がした。相方ケロは電車のなかで何度も泣きながらこの本を読んでいた。繊細でかつ、強い男の子。やわらかい部分と堅い部分を両方もちあわせた青くんの文章は、こころの中に中から外からしみわたります。よかったらぜひ読んでみてね。
[PR]
by ponchimemo | 2011-08-12 11:22 | 日記