タンザニア里帰り旅行⑬

セレンゲティ国立公園には世にも珍しい鼻でライオンを投げる『ライオン投げジャック』というゾウがいます。そしてジャックに投げられたライオンはみんななぜかこの木にひっかかるのですっ!みんなへこへこにやられています!!すごいぞっ!ジャック!!!
d0018208_9364637.jpg


すみません、うそです。
でも世にも珍しいのは本当です。木登りライオンというのは、世界でもあまり見られないんだとヤギちゃんが教えてくれました。木に登る理由は、ツエツエバエというハエが藪の中にいて、刺されるととても痛いので刺されないように登っていると考えられているようですが、ネコ科の動物って高い場所すきなんだよね。この家族は昨夜、狩りをしてお腹いっぱい食べたようで、みんな幸せそう。
d0018208_940418.jpg

ライオンはほぼメスが狩りをします。そして獲物がとれると、
「オオフ オオフ オウ オウ オウ オウ(お父さん、ごはんよ)」
と鳴き、遠くにいるオスライオンを呼びます。そしてこどもを呼ぶときは
「チュエッ チュエッ チュエッ(こどもたち、ご飯よ)」
という音を出します。そうすると安全な場所にいる子どもたちが獲物の場所にやってくるというシステムです。オスを呼ぶ声と子どもを呼ぶ声が違うとは知りませんでした。
これが凄腕かあちゃん。見るからに強そう〜。「なに見てんのよ〜。」的なうす目がコワイ。
d0018208_9423170.jpg

このグループは凄腕かあちゃん2頭、そしてこどもたち7頭の大家族。お母さんたちは上のほうでゆうゆうと熟睡中。子どもたちは・・・もう飽きていて遊びに行きたそうでした。(笑)
d0018208_943582.jpg

ライオンも母は強し!!!お互いがんばろうな。母ちゃん!!
[PR]
by ponchimemo | 2013-04-16 09:51 | 日記