食べたいけどかわいい。かわいいけど、やっぱ食べたい!

おいしいものがすきっす。キッスしたいくらいすキッス。おいしいものを食べると口とお腹はもちろん、心、体の細胞がぴょんこぴょんこ喜ぶのが判るっす。畑をはじめてから単においしいものを食べるよろこび+自分で育てたものの命をもらうという喜びを感じるようになった。長野という土地で暮らすようになって4年目。ここは冬がめっちゃ寒いので冬に収穫はほとんどといっていいほど出来ない。なので晩秋にみんな白菜に新聞を巻き、大根を漬けたり干したりし、かぶを袋にいれ、白ネギややにんじんにいたっては土がついたまま保存し、野沢菜を漬け、豆を瓶に保存してそれをちまちま食べながら遠い春を待つのだけど意外とこれでやっていけるのがうれしい。あるものを食べてくらすやりくりというのはなんともいえずほっこりする。野菜の保存地帯に行くと息づかいこそ聞こえないけどみんなそこで生きているのがわかるしそのことにすごく感動する。だって、掘り起こしたのは3ヶ月も前なのにみんな土のないところでしゅくしゅくと生きてややもすれば花を咲かせて子孫をのこそうとしているそのエネルギー、たんたんとしたその生き方、うひょーだよ、うひょー!!じゃがいもやたまねぎにいたっては掘り起こしたのはかれこれ8ヶ月も前!!でもみんなコロンとちょっとしわしわしながらも生きている。本当にすごいよ、みんなすごい。かぶの袋に手を突っ込むと小さな芽が出ていたので水につけてみたらどんどんのびてきた。花が咲くかな?でもその前にお味噌汁の具にしちゃおうかな。(冬の青い野菜は貴重品な〜のだ)食べたいけどかわいい。かわいいけどやっぱ食べたい。食べちゃいたいほどかわいいというのとは違う。食べるものと作るというのはそういうことなのだなあ。。。むふう。
d0018208_1023449.jpg

瓶の紫の液体はビーツの蜂蜜漬け。ビーツを皮ごと茹でて冷めたら包丁で皮を剥き、細かく刻んで瓶にいれて上からはちみつをとろり。ビーツから水が出るので蜂蜜はひたひたくらいでいいです。ヨーグルトに混ぜるとちょっと怖いくらいまっピンクのヨーグルトができます。一緒に柿やりんごなどその季節の果物を刻んでいれるとおいちいぽんよ。おためしあれ〜。
d0018208_102527.jpg

[PR]
by ponchimemo | 2016-01-26 10:10