サササ サササササ

昨夜はすこし暑くて、窓を開けて仕事をしていた。夜の10時くらいだったかな、外から

「ギャッッッッギャッッーギャー!!!」

と今まで聞いたことのない鳥?の叫び声と羽ばたきの音がすぐそばできこえた。かなり激しい。ドキドキしながら網戸に鼻をくっつけて外を見る。月明かりで少し明るいが、草むらの中まではさすがに見えない。

「ギョー...」もう一度、か細く鳥の声のようなものが聞こえてそれからは鳥の声はせず、

ササ...ササササ 

草の擦れるような音だけが闇の中で聞こえる。

サササ... サササササ....

もう立ち去ってもいいのだけれど、不規則に聞こえ続けるその草の擦れる音に含まれる意味を想像して、動けなくなってしまった。ササササ音はしばらく続き、そしてきこえなくなった。
 うちの周りも一応住宅街ではあるけれど、車を運転していて何度となくキツネに遭遇したことがあるし、クマの出没情報もあるので(今回はさすがにクマじゃないと思うけど)なんかそういうことなのかなあと思うと、自分の中にある野生みたいな気持ちにスイッチがはいったのかワオオーーンと遠吠えをしたい衝動にかられた。
これじゃただの変態か。とほほ。

 そういえば、見えないけれど人間の触覚ってやっぱり頭の前方にある感じがした。

写真は全く関係ないけど、シダのミーティングとシダのラジオ体操。
d0018208_15343489.jpg
d0018208_1534123.jpg
d0018208_15325116.jpg

[PR]
# by ponchimemo | 2016-05-20 15:38 | 日記
d0018208_1847424.jpg

はるやすみをもらって阿嘉島にあそびにいってきました。
あたまが ぱかーんと あいて 毛穴が むふょんと ひらいて のびんのびんに。(笑)
しごともたのしいけど、やすみもいいよう。ああきもちよかったよう〜。
今回はケロちゃんとうちの子どもたちと沖縄在住のシロップドロップの恵美ちゃんと息子のじょーじょーくんと6人旅。うちのこどもたちは初沖縄!初フェリー!初船酔い!初鯨と遭遇!などなどたくさんの初を体験して大満足!?(笑)春から6年生ということもあってなんだか少し大人びて来た感じもしていたけど、自然のなかで笑ったりあそんだり。いちばんよかったのは、ゆっくりたくさんはなせたことかなあ。もうとっくに背も抜かされて気づけば居酒屋で対等にしゃべっているわたしたち。(笑)おいおい。
しかもネットでたまたまみつけた阿嘉島の民宿のみなさんがめっちゃあったかくて面白くて!
島をでるとき、宿のかずさん、こずえさん、常連のおきゃくさんのみなさんが送りにきてくださって涙がちょちょぎれました。何をしたでも何をみたでもなく、誰と居たかってことがやっぱ旅の醍醐味ですね。
めっちゃすてきな人たちにであいました。ほんわかした恵美ちゃんとかわいいじょーじょーくんも一緒でしあわせでした。ひとつだけ恵ちゃんがつまづいてねんざしてしまったのは痛そうで辛かった。。。

 でも島ライフはとても興味深く、朝夕夜に時刻を知らせる島内チャイムが鳴り響き、みなさんその中で普通に暮らしておられ、この春から別の島に転勤になる先生が居られるらしく
「明日は転勤される先生方の送別会です。みなさん、〇〇会館に御集まりください。」
と放送があり、島民みんな一品持ち寄りで夜中まで大宴会して見送り、宿のかずさんは翌日、高校に進学するので島から出て行く甥っ子の送別会?なのか、その子がバトミントン部だったということから「お前なんかに絶対負けないぞ!大バトミントン大会」に出かけていき、ぼろ負けして帰って来てその足で島から那覇に帰るわたしたちを送ってくださるというなんとも濃い日々。(笑)でも間違いなく何よりも人を大事に生きておられることに感動して目頭があつーくなりました。

まだなんだかほえ〜っとしていますがすこしづつ社会復帰していくどー。食べ過ぎで太ったし。いろいろやばい。。ケロちゃんの天然ぶりも炸裂しておりました!いっぱい笑った旅でした。ありがとうございました。
d0018208_1849507.jpg
d0018208_18482569.jpg
d0018208_18471361.jpg

d0018208_197349.jpg

d0018208_1854428.jpg

d0018208_1931871.jpg

[PR]
# by ponchimemo | 2016-03-27 19:10 | 日記
おいしいものがすきっす。キッスしたいくらいすキッス。おいしいものを食べると口とお腹はもちろん、心、体の細胞がぴょんこぴょんこ喜ぶのが判るっす。畑をはじめてから単においしいものを食べるよろこび+自分で育てたものの命をもらうという喜びを感じるようになった。長野という土地で暮らすようになって4年目。ここは冬がめっちゃ寒いので冬に収穫はほとんどといっていいほど出来ない。なので晩秋にみんな白菜に新聞を巻き、大根を漬けたり干したりし、かぶを袋にいれ、白ネギややにんじんにいたっては土がついたまま保存し、野沢菜を漬け、豆を瓶に保存してそれをちまちま食べながら遠い春を待つのだけど意外とこれでやっていけるのがうれしい。あるものを食べてくらすやりくりというのはなんともいえずほっこりする。野菜の保存地帯に行くと息づかいこそ聞こえないけどみんなそこで生きているのがわかるしそのことにすごく感動する。だって、掘り起こしたのは3ヶ月も前なのにみんな土のないところでしゅくしゅくと生きてややもすれば花を咲かせて子孫をのこそうとしているそのエネルギー、たんたんとしたその生き方、うひょーだよ、うひょー!!じゃがいもやたまねぎにいたっては掘り起こしたのはかれこれ8ヶ月も前!!でもみんなコロンとちょっとしわしわしながらも生きている。本当にすごいよ、みんなすごい。かぶの袋に手を突っ込むと小さな芽が出ていたので水につけてみたらどんどんのびてきた。花が咲くかな?でもその前にお味噌汁の具にしちゃおうかな。(冬の青い野菜は貴重品な〜のだ)食べたいけどかわいい。かわいいけどやっぱ食べたい。食べちゃいたいほどかわいいというのとは違う。食べるものと作るというのはそういうことなのだなあ。。。むふう。
d0018208_1023449.jpg

瓶の紫の液体はビーツの蜂蜜漬け。ビーツを皮ごと茹でて冷めたら包丁で皮を剥き、細かく刻んで瓶にいれて上からはちみつをとろり。ビーツから水が出るので蜂蜜はひたひたくらいでいいです。ヨーグルトに混ぜるとちょっと怖いくらいまっピンクのヨーグルトができます。一緒に柿やりんごなどその季節の果物を刻んでいれるとおいちいぽんよ。おためしあれ〜。
d0018208_102527.jpg

[PR]
# by ponchimemo | 2016-01-26 10:10

-

d0018208_1712065.jpg

d0018208_1712049.jpg

d0018208_1712051.jpg

※ご報告※

今年あちこちで募金箱を置かせていただき、たくさんの方に募金という形でご支援いただいた安曇野ひかりプロジェクトが今朝、無事に福島のみなさんを送り出しました。きっともうすぐ福島に着かれることでしょう。こどもたちの笑顔、お母さんたちの笑顔、みんなの笑顔。いろんな保養に参加してきたが、今回のプロジェクトでは支援者と被災者という線を全く感じなかった。やっぱり地球ってまるいんだなって思ったとあるお母さんの感想を聞いて本当にその通りだと思いました。人と人が会って一緒にいる。それが楽しい。このプロジェクトに関わった全ての人からそれを感じました。とてもシンブルだけど、とても大切なこと。
みなさんにいただいた募金額46481円はすべて安曇野ひかりプロジェクトさんのほうへお渡しさせていただきました。みなさん、あたたかいご支援、ありがとうございました。
[PR]
# by ponchimemo | 2015-08-19 17:12 | 未分類

むちゃひさしぶり!

先日、乗換駅の陸橋を歩いていたら
「わ!!中野先生!!!むっちゃ久しぶり!!あ! ●●先生も!!あ!!△△先生!!!」(一人目の先生の名前しか判らなかった)
と急に前を歩いていた部活帰りっぽい高校生が手を振った。反対側から歩いてきた男の先生がにやにやしながら
「お、元気か!?」
とふたりはハイタッチ!双方立ち止まらず手を振って別れた。
「ふえ〜、久しぶりだよ〜!中学んときぶりだもんな〜。」
男の子はうれしそうな声でつぶやきながらすすんで行った。ってそのくらい久しぶりなブログの更新ざんす〜〜!!!!わははは!!よっ、みなさん、おひさしぶり!!!はいはいハイタッチよろしく!!パンパン!!いや、でもなんか中学んときの先生に駅の陸橋で会ってハイタッチ!っていいよね。いい中学時代物語っているよね〜とも思ってなんだかホカホカしたのは本当、感動しました。
 あ、そうそう部活といえば、うちの双子、5年生になりまして、部活ならぬクラブが始まりました。いくつもあるクラブの中から何部を選ぶのかなあと見ていたらコバは『切り絵クラブ』コマは『リコーダー部』に入ったようです。この選び、これがなんか感動的で。というのも二人は一卵性の双子なんです。違う人だけどすごく近いものを持っていて、お互いそれも判っていて、でも一番すきなことは全く違う。いままで、ふたりはいろんなものがある同じ道をいろんなものを見たり触ったり取ったりしながら一緒に歩いて来たんだよね。もちろんこれからもそうなんだけど、こんなふうに違うものをひとりひとり選んだっていうのがなんか当たり前なんだけど、大きくなったなあというか、親としては感慨深くて。あーおおきくなっていくねえ!!きみたち!!いいよいいよ!!お母ちゃんが最近大きくなったといえば、、、体くらいかしら。。とほ。そういえば最近聞かれる算数の問題もだいぶ難しくなってきたし。

おおきくなるっていうことは 親がだんだん 宿題を手伝えなくなるっていうこと

『おおきくなるっていうことは 』文中川ひろたか 絵 村上康成(童心社)オリジナルはとってもいいです。ぜひ読んでみてね。そんな今日、バザーに出すものを漁っていたら、昔母がつけていたわたしの成長日記が出て来た。わたしもお陰でこんなに大きくなったんだなあ。。。感謝感謝。
d0018208_14304022.jpg

[PR]
# by ponchimemo | 2015-06-16 14:37 | 日記

にこにこふわーん

 最近Rくんという男の子がうちにあそびにきてくれます。Rくんはぽにょっと大きくていつあってもにこにこしています。昨日はうちの双子とおにごっこやなんかの後、うちにある千と千尋の神隠しのDVDを見はじめました。双子はRくんが来ていることが嬉しいらしく、
「あ、お父さんたち、豚になるんだよ。」
とか
「あ、この後だいこんでてくるよ。ほら〜!笑」
とか話の先を解説し続けています。あれは双子なりのRくんへのサービスなんですけど(笑)わたしは一緒に見ていて言われたら、
「こらあ、話の先を言わないでー!」
と言っちゃいます。でも、Rくんはにこにこしながら、
「あ、ほんとだ。あはは」
なんて言ってます。なんでもどんなことでも穏やかに受け止めるRくんの大きさにすごいなーと思いました。彼はどこであってもそう、にこにこふわ〜ん。
夕方になってお母さんが迎えに来ました。
「千と千尋みたんだ。」
とRくん。
「ああ、R.あの話大好きだもんねえ」
とお母さん。
ええええっっ!!見たことあったのか?!わたしはひっくり返りそうになりました。わたしだったら
「これ、見たことあるから知ってるよおー。」
とか言っちゃうかもなあ。でも彼はにこにことても嬉しそうに笑っていました。そしてお母さんとにこにこ帰っていきました。
 その人の持つ空気感…ああ、先日のA1あそびうたグランプリの審査のときもぼんやりとそんなことを考えていたのでした。あそびもしかりなのですが、その人の持つ空気感、オーラみたいなものがそれぞれに違っていて面白いなあと。その場の空気を自分色でぱっと華やかにする人もいれば、場の色をほんわかとその人の空気で包み込む人、ハテナでいっぱいにして見ている人が笑っちゃう人などなど、したいこと、やり方、持っているもの、違うからこそ楽しいなと。
むかし保育をしていたときに、園長の愛子さんに
「あなたのまま、居てくれるだけでいいのよ。」
と言われたのを思い出しました。色んなこどもと色んな大人が一緒にいたら楽しいでしょ、と。
金子みすゞさんではないですが、みんなちがってみんなすごくいいなあとしばしば思う秋なのでした。



iPhoneから送信
[PR]
# by ponchimemo | 2014-09-12 09:29 | 日記
d0018208_14243874.jpg

d0018208_14243834.jpg

d0018208_14243817.jpg

今回のしんくうかんLIVE、新沢さん、来てくださったみなさん、アスクミュージックのみなさん本当にありがとうございました。今回のライブで強く思ったことは、うたうことと歌に包まれる幸せ、人はなにげなく生きているけどどれだけ歌に抱きしめてにもらい、背中をおしてもらい、そばにいてもらって生きているのだろうということでした。そしてこの20年以上トラや帽子店と新沢さんの歌う新沢さんの歌がわたしはいつもそばにあって、力をもらっていたなとつくづく思いかえすライブでした。新沢さんの繊細で柔らかな言葉が中川さんやケロちゃんの曲とともに心に届く、ああ、幸せな人生だったな、本当にありがとうよ、わたしは幸せ者だなあともう死んでしまうのかと思うくらいに強く感じた夜でした。人が歌を作りそして歌う生き物でよかったとも。懐かしい話もいっぱいできて嬉しかったです。ライブでもお話しましたが、リハーサルから新沢さんといろんなお話をして、本当によく泣いてしまったたライブでした。(笑)
ところで話はそれますが、今回のライブの歌の練習を畑の淵で畑作業の合間にやっていました。お客様は穂がでたばかりの麦たちと虫や草、風、みんなじっとそこにいてくれて、ただただ聴いてくれました。その心地よさをしんくうかんでも感じました。新沢さん、これからも心にしみ込む歌を書き続けてくださいね。来て応援してくださったみなさん、企画し準備してくださったアスクミュージックのみなさん、今回は貴重な機会を与えてくださり本当に本当にありがとうございました。
[PR]
# by ponchimemo | 2014-05-25 14:24 | 日記

-はひふへほのはる

d0018208_105781.jpg

今新幹線です。滋賀に向かっとります。新幹線の駅にはエスカレーターがありますね。今、エスカレーターを上がっているときに、はひふへほの上から4番目、下からだと2番目の文字のものが出たくなりました。後ろを振り返ると幸い誰もいらっしゃらなかったので、こころおきなく静かにその、はひふへほの上から4番目、下からだと2番目の文字のものを出して差し上げました。きっとその、はひふへほの上から4番目、下からだと2番目の文字のものははんなりと空気の中に行かれました。1番上まで来てもう一度振り返ると、ビジネスマン風のおじさんが乗ってくるところでした。そこでわたしはあのはひふへほの上から4番目、下から2番目の文字のもの(もうええわ!笑)はどの位置にどのように今あるのだろうかと気になりエスカレーターの横に移動して上からじっとおじさんを観察していましたが、おじさんは顔を歪めるでもなく、なにくわぬ顔でエスカレーターから降りていってしまいました。わたしのあれはいまいずこ?
昔からときどきあれに色がついていたら面白いなあ、でも困るなあ、と思ってました。それぞれ色が食べ物で違ったら面白いなあ、でも恥ずかしいなあ、とも。
あ、最近初の絵本がでました!大好きな高畠純さんに絵を描いていただいて、お話の世界がぐん!と広がりました。ぜひ、機会があれば読んでみてください。テーマは、はな⚪︎その話です。そんなことばっかり書いていたらばっちい人だと思われるかも…。でも、気になるんだし、ばっちいことも好きだからま、いっか。
みなさんもいろんなはひふへほの春をお過ごしください。
[PR]
# by ponchimemo | 2014-04-13 10:05 | 日記

ぶ〜〜ん!

長野に引っ越して三度目の春。春といってもまだ桜も咲いていないんですけど。(笑)最初の年は冬が寒くて長くて、もう永遠に冬なんじゃなかろうかと泣きそうになった頃にふぉっと春がやってきました。氷と一緒に融解していくからだ〜。きもちよかよか。
 そして2年目の冬をすぎ、今年の春を迎えました。この農村に引っ越して来てかねがねおもっていたのですが、もーね、みなさん、春になったとたんにものすごい勢いで畑や田んぼ、あちこちに動きまわる、朝から夜暗くなるまで本当にみなさんよく働かれます。まるでみつばちのようにあっちの畑、こっちの作物、と実際に羽があればぶーん、ぶーんとそこらじゅうから羽音が聞こえまくると思うよ。だってね、本当にうれしいんだもの。氷に閉ざされる数ヶ月の間、家に居て春を待っている冬もすてきなんですけど、この春が来たよろこび、言葉にできないくらいこんなにもうれしいのは季節がある日本ならではだし、とっても寒い地方ならではなんだろうなーとしみじみ。きっと蜂たちと一緒に呑んだら話があうと思う。「いやあ。今年も春がきましたなあ。」「忙しくなりますよー。」「あっちの山際の畑の花の蜜がうまくてねえ。」木々とも虫たちとも話をいっぱいしたくなる、春はそんな季節です。みなさんもすてきな春をぽーん。
[PR]
# by ponchimemo | 2014-04-10 09:56 | 日記

泣くほど笑った日

年に何回か泣くほど笑う、というかもう涙でびしょびしょになるくらい笑っちゃう事件がある。新年早々にもあった。その日は藤本ともひこさんと新シリーズのあそびの打ち合わせをオフィスでしていた。みんな最近はブログ以外にもTwitterやFacebookをやっているので、それにあげる写真を撮ろうということになった。三人とも写りたいので藤本さんがカエルちゃんのオフィスレディのNさんを呼んだ。
藤本「すみません、写真とってもらえませんか?」
そういいつつiPhoneをNさんに渡す。
N「はい、承知しました。」
そういいながらNさんはiPhoneをこちらに向けて画面を覗き込む。三人はポーズをとる。
N「あらっ?」
Nさんがとつぜんすっとんきょうな声をあげた。
藤本「どうしました?」
ポーズをしたまま藤本さんが尋ねると、Nさんは携帯の画面から目を離さずに言った。

N「藤本さん。写真にお入りにならなくていいんですか?」
え...?
一瞬の間の後、大爆笑となった。
藤本「お願いだからぼくもいれてください。」
藤本さんは笑い転げながら答えていた。
 Nさんはいつもとても落ち着いたまじめな人だ。だけどいつも面白い。以前は映画を娘さんと観に行かれて、よかったとおっしゃっていたので何の映画かときいたら
「武士の一部分でございます」
と言われた。どこの部分やねーーん!(笑)その前は宴会の席で、以前いろいろ大変だったという話をしていたら、知らない間に横で泣いておられた。
私「えっ?Nさん泣いてるの?」
と尋ねたら
N「いえ、更年期の汗でございます。」
と涙をぬぐっていた。
わたしはNさんに会えたことにいつも感謝している。
もうすぐ節分。笑う角には福きたる。みなさんもいっぱい笑おう!!
d0018208_9233399.jpg

[PR]
# by ponchimemo | 2014-02-01 09:24 | 日記

ちいさい日記


by ponchimemo