<   2013年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

-

d0018208_12263249.jpg

d0018208_12263385.jpg

昨日は久々のひとり仕事で千葉の植草学園大学に行って来ました。大学にいくといつも思うのですが、大学生さんたちの空気感って好きです。大人でもなく子どもでもなく、でも何か見えているものもあり、でも、ふわふわとした柔らかいものに包まれている。
昨日は相磯先生という子育てをしながら教授をしておられる先生が、生徒さんたちに見せたい!と熱い想いで呼んでくださいました。開演前に紹介をしてくださったのですが、その熱さ(長さ)!!に生徒さんから笑いがおきるほど(^_^;)相磯先生、本当にありがとう。生徒さんたち、あなたたちはいい先生に出会ってるよ。(あ、わたしを呼んでくれたからとかではなくて、先生の人柄がすごくいい。)同じ学科の教授の皆さんもがんがんにエビカニクスを踊ってくださいました!とてもあたたかな一日でした。皆さんありがとうございました。相磯先生とぱちり。生徒さんとぱちり。学食も美味しかったな〜\(^o^)/
[PR]
by ponchimemo | 2013-01-26 12:26 | 未分類

-

豪雪モーニングなふ。いっそのこと雪だるまとなってこの雪とジョインしたい衝動にかられつつ渋滞なふ。今日は打ち合わせで東京へ。東京はどんな天気だろう。ぼわわわん。←想像中。こんな時日本は広いと思う。
目の前の横断歩道を黄色のリュックをしょった子どもをそりに乗せてそれを引いてくお母さんが通過中です。確かにこんな日はこれの方が歩くより速いし楽しいね。さながらサンタとトナカイみたいだぞ。(笑)こころがホカりましたぞなもし〜。
[PR]
by ponchimemo | 2013-01-17 08:35 | 未分類

パンやのおじさん

近所のパンやのパンがだいすきだ。一週間一度は買いに行かないとおしりがむずむずするぐらいすきだ。パンの味もすきだけど、おじさんがすきなのだ〜。おじさんははじめてパンを買ったとき、パンが入った袋をわたしに手渡しながら
『助かります。』
と言ってひょいと頭をさげた。そのときハートがずきゅ〜んと揺れた。
「ありがとうございました。またおこしくださいませ〜。(にっこり)」
と駅前のパンやではお盆をふきながらでも言っている今、ただ
『助かります。』
と言ったおじさん。ぐっとくる。それから毎週買い物に通って、世間話もするようになった。おじさんはご両親の介護をしながらパンやをひとりでやっているらしいことや、一度パンやを辞めたことがあることなどを話してくれた。
 3ヶ月くらいたったある日、あまりにおいしいので東京から来た友人を連れておじさんのパンやにいった。
「こちらにはご旅行で?」
レジに行くとおじさんはわたしに尋ねた。
(ああ、おじさんも人の顔が覚えられないんだな〜。)笑ってわたしが返事に困っていると
すかさず横から友達が『わたしはそうですけど、この人はよく来てますよ』
と言ったらおじさんは真っ赤になって、わたしの顔を見て
「あ、あ、そうでした、そうでした。」
とお店の奥にペコペコしながらいってしまった。なんて素直な人なんだろう。
おじさんのパンは持ち帰ってすぐにトーストして食べてもおいしいけど、3〜4日家に置いて焼くとまたおいしい。そのことをおじさんに報告に行くと
「あ、そうなんです。乳酸発酵してるみたいで。へへっへへっ。」
とおじさんは妖怪みたいに笑った。
 最近おじさんはお店のうらに変な形の駐車場を作った。非常に止めにくい。
「先日車で駐車場に入った人が5分してもお店にぜんぜん来ないので見に行ったら、どうやって停めたらいいか判らないってまだ車の中にいたんですよ。へへっへへっ。」
おじさんにはなぞがいっぱいだ。だけど、だから、わたしはおじさんが、おじさんの作るパンがすきだ。
[PR]
by ponchimemo | 2013-01-10 09:29 | 日記

-

d0018208_2325088.jpg

新年。別に線をひいてあるわけでも、色が変わるように何かがガラリとかわるわけでもないけれど、特別に嬉しいのはなぜだろう。そして、いつもここからスタート。さあ、はじめの第一歩!
[PR]
by ponchimemo | 2013-01-09 23:25 | 未分類

-

d0018208_1144097.jpg

あけましておめでとうございます!今年は自分に正直に(や、今までもそこそこやってきたけど…)生きよう〜と思っていた矢先、本屋で大好きな星野源さんの文庫本エッセイ集発見〜!
欲しい→自分に正直に→買う
ということで、即買い。キャイ〜ン。そして、今東京に向かう電車で読んでます。1話目を読み始めて(あれ?この話読んだかも?あ、そーだ、美容院で連載中のやつ読んだんだ。)と思い読み進む。だって2話目は、うん、やっぱ知らないはなしだ、あ〜面白い。う〜いいなあ、うけるよ、もうっ。電車でにやにや読み進んでいて、はっと気づいた。
(あ、この本ハードカバーでやっぱし持ってるっ!)しかももう、半分以上を新鮮な気持ちで読み進んでしまったではないか。(~_~;)
正直に話すと私の脳の中で記憶という部分はほとんど働いてないっぽい。まず人の顔がすぐには憶えられない。行った場所、言ったこと、あった出来事などもめちゃくちゃで相方のケロちゃんはいつも呆れている。一緒に演劇を見に行き、出演者が着替えて出てくるともう誰が誰だかわからない。原宿で竹野内豊に『金城さん!』と握手を求めかけて危なかったこともある。ケロちゃんと一緒に作った作品を『いい曲だなあ、天才!』と言って自分の書いた曲を褒めたこともある。(ただ、耳馴染んでたんだよね、作ったから)どうして憶えられないんだろうと思うけど、憶えられないんだから、仕方がない。星野さんのダメぶりを読んでいたら、わたしだってダメだぞっ!!と変なダメ心に火がついてついつい書いてしまったけど、五カ月ぶりの更新、しかも新年初の更新にしてはあまりにもダメダメすぎやしないか…。いやいや、今年は正直に!星野源さん、好きだー!
ということで、みなさ〜ん、今年もどうぞよろしくお願いしますぽ〜んち〜!
[PR]
by ponchimemo | 2013-01-09 11:44 | 日記