-

d0018208_2074396.jpg

保育をしていたころから、こどもと不思議話はセットでよくあった。お腹の中の記憶があるとか、こどもと2人でお風呂にはいっていたらこどもが、
「ひーとり、ふーたり、さんにん」
って数えたこととか、うちの子たちもよく
「あのおじさん誰?顔、怖いねー」
などと部屋の隅を指差して言っていた。
先日はじめて包丁研ぎの体験をした。教えてくださったのは、omotoさんという包丁職人さんだが、本当にその方の包丁は気持ちよく料理ができるのだ。
その日は帰りが遅くなったので帰宅してすぐ寝たが翌朝、その包丁を使って朝ご飯を作ったら私にしてはすこぶるおいしくできた。だからもちろんご飯を食べながら話しも弾む。すると長女がおもむろに
「昨日、包丁研いだよ」
と言う。絶対にそれはありえない。だってすべての包丁はわたしが一日中持ち出していたのだから。でもおっかけ次女が
「うん。頑張って研いだねー」
と言う。ごめん、それはありえない。砥石も持って行ったし。わたしは包丁研ぎに行くことは2人には言ってなかったが、あまりにも熱心にありえない話をするので、実は昨日包丁を持ってでて、包丁を研いだのはわたしだと訴えた。でも、2人はがんとして昨日家で研いだという。昨夜来てもらったシッターさんに聞いてみろというので、聞いて見た。
「え?そんなことしてないですよー!笑」
という答え。
これはどういうことだろう。どうすれば説明がつくのだ?
こどもといると不思議なことが多い。説明のつかないことも多々ある。だけどそういうことがある度に、なんでもかんでも説明がつくことが本当じゃないんだ、もっと自分の感覚や目や心で生きていけ、と言われているような気がしてならない。うそか本当か説明がつくかつかないか、大勢の人が支持しているかしてないか、常識か非常識かでものを見るのはカンタンだし、間違ってないのかもしれない。でもそうじゃない感覚を忘れずに持ち続けたい、身の回りに起こることを1から受け止められる自分でいたい、そう思った包丁研ぎ事件でした。娘たちに今日もありがとう。
[PR]
# by ponchimemo | 2014-01-27 20:07 | 未分類

幸せ感はどこから?

 今日は久しぶりに家で仕事をしています。窓の外は雪が降ってきました。わたしは春うまれなので春が大好きなのですが、この寒い冬も好きです。なにがすきなのかというときーんと冷えた朝、布団からは出づらい、でもそんな日のひとつひとつが春や夏のそれとは違う感じですきなのです。お湯のわく音しかり、ポットにお湯をそそぐ音しかり、布団の中でてをつないだときの暖かさしかり、ふすまを開ける音、締める音、ストーブのお湯が沸く音、凍った窓ガラス、はっぱを落とした木々、雪の日のひんやり感,,,などなどまだまだあるけれど、これは寒い中に暮らさなければ感じられない音、空気、感覚だと思います。両親ともの実家が雪深い場所だったからなのか、どうなのか。でも、体の中から体温にのってじわ〜っとこみあげてくる幸せ感。ああ、冬ってすき。お茶をゆっくりとのみ、ああおいしいと思う気持ちも冬は大きいです。これから冬本番。寒さをたっぷりと楽しんでいきたいなーと思っている今日このごろなのでした。
[PR]
# by ponchimemo | 2013-12-18 11:18 | 日記

ニコニコバイバイ

乗っていた上りの特急がどこかの駅に止まったので顔をあげると、隣には下りの在来線が止まっていました。ちょうど向かいの席に細いおじいさんが座り窓の外を見ておられて、ぱちっと目が会いました。二枚のガラス越しとはいえなんだか恥ずかしくなって、わたしはちょいっと会釈をしました。するとおじいさんは(え?)って言ったように窓のそばに寄りまして、わたしも(え?何?)とおもってからぐいっとまどに近づき(あ!もしかして知り合いなのかもと思われたのかもしれない!)と思い慌てて(違います。違います。)とお尻を後ろにずらしながら手を左右にひらひらふりますと、おじいさんはニコニコ笑ってバイバイするみたいに胸の前で手を振りはじめました。わたしもなんだかおかしくなって、ニコニコ笑いながら手を振りました。電車が見えなくなるまでおじいさんはニコニコバイバイしてくださいました。
とてもうれしいすれ違いでした。
[PR]
# by ponchimemo | 2013-11-27 13:37 | 日記

-

d0018208_18314175.jpg

京都山科保育協議会の年長さんコンサート終わり今、新幹線です。今日のコンサートでの出来事です。
ジェスチャーゲームで出てきた8人くらいの園児の中で、1人の女の子が自分の番になると緊張した面持ちで
「まだ出来ない」
といいました。他の子がやっている間に考えててもらって、何度か「どう?」って訊いたんだけど
「出来ないかも」と。
そして途中で
「もういくら待っても出来ません。」
ときっぱり言って席に帰って行きました。そのかっこいい姿ったら!!そうか、断っていいんだ!ってみんな思ったんじゃないかな。自分で決めていいんだよ。出てきたからって、無理にやらなくていいのね。すごく凛としてて惚れ惚れしました。
先日も出てきた3歳くらいの子が、
「タコ」
って言葉でいうので、
「言葉じゃなくて、カラダでやってみてくれる?」
って言ったら
「ムリ」
って。真顔で。σ(^_^;)うふう。
こどもたちは素晴らしい。そんなふうに大人になったわたしたちも凛と生きて行きたいです。
いつも素晴らしい姿を見せてくれてありがとうございます。今日もありがとうございました!
[PR]
# by ponchimemo | 2013-11-08 18:31 | 未分類

ししとうの夏

 子どものころの夏休みはいつも鳥取のおばあちゃんちに行っていた。近くの川で魚を捕ったり泳いだりして、疲れたら家で昼寝。昼寝から目が覚めると、裏の山水で冷やしたスイカをおばあちゃんが切ってくれて縁側ですいかの種飛ばし大会。夜ごはんは山陰の魚や畑でとれたとうもろこし、とうふちくわなどをおばあちゃんが出してくれた。
 ある日、夕食にししとうの油炒めがでていた。おばあちゃんがそれを口にいれたとたん
「ああ!またハズレがわたしのとこにきたわ」
と言った。わたしたちがポカンとしているとおじいちゃんが笑い出し
「それはハズレじゃなくて、わしにとっては当たりだわな。あのな、おばあちゃんに辛いししとうがいったんだが、わしはいっつもそれを食べたい食べたいと思っとるだけど、かならずおばあさんとこにいっちゃうだわ。」
と言った。
「からくてたべられないわ。」
おばあちゃんがひとくちかじったししとうをお皿に置いた。おじいちゃんはそのおばあちゃんの残したししとうをつまんで口にほうりこんだ。
「んーうまい!これはやっぱり当たりだわな。」
と言ってもう一度大きい声で笑った。おばあちゃんも笑った。なんだか二人のやりとりがおかしくて、わたしたちも笑った。
 いま二人は天国にいってしまったのだけど、こうしてししとうの油いためを食べるといつも二人の姿が目に浮かんでくる。
 わたしもなんでもないペラッとめくれるくらいの日常のくり返しを大切に生きて生きたい。わたしたちが生まれて来たことを何かに強く刻印するよりも、なんでもなく笑って怒って泣いてほっとして暮らしていきたい。そしていつか風化して土になりたい。
 昨日、出先でししとうをいただき、またふっと思い出した夏の一日でした。
d0018208_22523773.jpg

[PR]
# by ponchimemo | 2013-10-10 23:01 | 日記

-


先日伺った郡山市の阿武隈養護学校でアンコールに『にじ』を歌った。エビカニクスでは、激しくジャンプして踊ってくれていた子どもたちは、心地よいメロディにあわせて体を左右に揺らす子、頭を振る子、じっと聴く子、そして後ろの席では大人の方が涙を流しておられた。後で話を伺うと、放射能が心配で雨が降ると子どもたちを外に出せなかった。その時にみんなで『にじ』を歌ったんです。あの時を思い出したら泣けてきました。とおっしゃっていました。
そのにじの詞を書いたのは新沢としひこさん。曲は中川ひろたかさん。世界中のこどもたちが はじめの一歩 ともだちになるために など どれだけたくさんのこどもたちが、大人たちが、この歌たちに励まされ、心地よく歌い、遊び大きくなってきたんだろう。新沢さん、中川さんがいてくれてよかった。同じ時代にいられてめっちゃうれしい。かくいうわたしも、25年くらい前、この歌に会って世界が変わった1人です。その新沢さんのほぼ30周年記念コンサートが渋谷であります!めっちゃめちゃ楽しみです。本当におめでとうございますぽーん!写真は先日行われたリハ風景です。
d0018208_11174133.jpg

d0018208_11174174.jpg

[PR]
# by ponchimemo | 2013-10-05 11:17 | 日記

突然ですが。

d0018208_737569.jpg

突然ですが。篠ノ井線がすきです。ドアが手動だからすきです。景色がいいからすきです。姨捨の駅でスイッチバックするからすきです。何よりもとても物静かな電車さんなのですきです。今も乗っていますが、駅に停まるとアイドリングストップ?みたいになってものすごーく静かで、その中に人の話し声がほそほそと聞こえてきて、あ、向こうの高校生がパンの袋を開けたな、とか、おじさんがカバンのチャックを開けて何か探してるな、あ、探し物はメガネか、とか、誰かのため息までもが聞こえてきそうな静けさなのです。
今朝は少し霧が出ていて外が白いので、なんだか線路の上を走っているのかはたまた空を飛んでいるのかわからない感じもしてうっとりしています。
今日は子どもたちの運動会。私がその日、仕事なんだーと電話で母に話したら、広島の農園も繁忙期で大変なのに一泊で来てくれました。
「農園の代わりの人はいるけど、おばあちゃんの代わりはいないものね。」
と。涙が出そうなのをガマンしてありがとう、と言って出てきました。たくさんの愛を受けて子どもたちは大きくなって来ています。本当にありがたいです。きっと1番の栄養だよね!わたしも帰って話を聞くのを楽しみに、今日のわたしをいってきますぽーん!霧がはれたら、黄金色の田んぼが出てきました。昔これをみて
「あら、おにぎりがいっぱーい。」
と絵本作家の長野ヒデ子さんはおっしゃったそうですが(⌒-⌒; )本当に美味しそうです。今年も実りの秋を迎えられたことに感謝です!
[PR]
# by ponchimemo | 2013-09-21 07:37 | 日記

もしかして...。

 今日の昼間、わたしは新座方面行きの武蔵野線に乗り、行きに駅で買ったばかりの文庫本を読んでいた。はじめて買った作家さんのものだったけど、すこぶる面白いので、もくもくと読み進んでいたら突如、蛾?(蝶じゃないと思う、茶色だし、なんかスペースシャトルみたいな形だったし)がわたしの読んでいた文庫本のふちにとまった。適度に空いていた電車でこのことに気づいている人は居なさそうだった。目の前にかまえた文庫本にとまった蛾は、わたしと向かい合う形になっていた。わたしは本を動かさないように気をつけながら心の中で
(次の駅でドアが開いたら外に出してあげるから、飛び立たないでそのままとまってな。)
とその蛾に話し掛けた。蛾はただだまってこちらを見つめていた。車内アナウンスが流れ、次の駅が近づいてきていることが判る。開くドアは右側、おっ、ラッキー!こっちがわじゃん。でも、問題がひとつ。本を持った手にはトートバックがぶら下がり、パソコンが入っているため、その手で文庫本をドアが開いたすきに外にだすのは、難しい、そこでわたしはもう一度、蛾に
(本を持ちかえるけど、動かないでね。)
と心の中で告げた。
蛾はいつ、この車両に入ってしまったんだろう。こんな無機質な空間に彼、もしくは彼女の食べる物はない。わたしは出来るだけそっと本を持ち替えた。蛾は本にじっととまっていた。そのとき不思議な感覚に襲われた。蛾が私の言葉を理解している気がしたのだ。この感覚は前にも感じたことがある。あ、そうそう!アフリカで車の調子が悪くなり、サバンナで車が停まったときだ。視線を感じて見回すと、周りの樹がわたしたちのことを見ている気がしたんだ。
今回の場合、理解している、というか、やろうとしていることが判っている、といったほうがいいかもしれない。判るから何かしらアプローチをするのはわたしたち人間で、その他の生き物たちはそれを感じてだまって暮らしているのではないか、でも待てよ?もっと鍛錬すれば、他の生き物たちの心もわかるようになるのかもしれないぞ、それってどんな感じなんだろー??ちょっと興味あるなー。でも普段調理している野菜の声とかあんまり判りたくないなー、(わ、切らないで!痛い!痛い!とか、わーやだ。)と勝手なことを思ったりした今日なのでした。
[PR]
# by ponchimemo | 2013-09-04 22:01 | 日記

かぼちゃの旅

「ねえママ、かぼちゃが旅してるの、知ってた?」
朝起き抜けにコバが言った。
「うん。お隣に行って、また帰って来ているよね。」

コバが言っているのは家の南側に植えたかぼちゃの苗のことで、夏の一ヶ月わたしたちが居ない間にうちの南側に建っているお宅の植木に這い上がり、そのうえを縦走し、今また何をおもったのかこちらの庭のほうにツルの先を伸ばしてもどってきている、そのことを言っていたのだ。でも、そのことを
『かぼちゃが旅している』という発想はすてきだなあと思った。かぼちゃがこころのままに旅をして、つるを伸ばしていると思うとなんかうくくと笑えてくる。
 そういえば、去年のかぼちゃは同じように南のうちに旅に出て、うちに2こ、おとなりに1こ、子ども(かぼちゃの実)を生んだ。もちろん2こはうちの、1こはおとなりのかぼちゃになった。
 そのおとなりの子どもたちと(3人姉妹)双子はまるで姉妹のように毎日よく遊ぶ。最近は、ちょっとみんな大人びて来てやりたいことや、譲れないことに対しての主張が強くなって来た。大人ばっかりずるい、大人が全部決めてるじゃないか。まだ一人では生きて行けない、だけどすこしずつ卵の殻を割って新しい世界へ歩き出すために、日々鍛錬している感じだ。だがそのパワーはすごくて(5人だし)へとへとになる。(笑)
 頑張れこどもたち。そうやって怒って、疑問を持って、ぶつかって自分の道にとびだしていけ。まだまだわたしたちは大きな壁となって登ってくるこどもたちの背中を押したり、時には壁からひっぱりおろしたりするんだろう。ちょっと前は大人としてつきあおうとしていたけど、もうやめた。少しばかり前に生まれた人間として、思ったことをいい、したいことをする。
 かぼちゃも子どもも大人も、精一杯いこう!!
d0018208_10372468.jpg

[PR]
# by ponchimemo | 2013-08-30 10:41 | 日記

好き過ぎて

d0018208_13593320.jpg


あまりにも好き過ぎて
『んもう!バカッ!』
と、その存在に悪態をつきたくなるときがある。今日はこれ、信玄餅アイス。電車の中で2.3度叫びたくなった。わたしの中ではもう、オリジナルの武田信玄餅を超えたものだという印象さえある。
d0018208_13593311.jpg

窓の外はすっかり秋めいてきた山村風景が広がり、あの山の中では、イノシシがおいしい根っこにかじりつき、
『ぶひぃ!バカッ!』
と叫びたくなっているんだろうか、あの草むらではバッタが美味しい葉っぱにありついて、
『ツツ!バカッ!』
と叫んでいるんだろうかと考えると、数えきれない命の営みを想像してめっちゃ嬉しくなる。
同じ命につながる食べ物をたべるにしても、
心も体も喜びながら命をつないでいったら、いただいた体も何か違うんじゃないかって…ってそんな崇高な話じゃなかったんだけど。みなさんも味覚の秋、楽しんでますかー?
[PR]
# by ponchimemo | 2013-08-28 13:59 | 日記